ゴジラ満塁で三振もチームは逃げ切る

ゴジラ満塁で三振もチームは逃げ切る

アスレチックスは、相手のエラーでもらった1点を、ゴンザレス−バルフォア−フエンテスのリレーで守り切りました。松井選手は満塁の絶好機で三振、ノーヒットに終わりました。

4月9日(日本時間10日) アスレチックス 1-0 ツインズ

松井秀喜 今日の結果 3打数0安打1四球

第1打席 左飛
2回無死ランナーなし 3ボール1ストライクから、外よりのストレートに若干差し込まれる格好でレフトへのハーフライナー。

第2打席 四球
4回一死ランナーなし フルカウントから1球ファールの後の7球目を見送ってフォアボール。

第3打席 二ゴロ
6回一死ランナーなし 初球空振りの後の2球目、外角低めに沈むシンカーを引っかけてセカンドゴロ。

第4打席 三振
7回一死満塁 2ボール2ストライクから、真ん中高めのストレートに振り遅れて空振り三振。1ストライク目の甘い球を見逃したのも痛かった。


松井選手、今日も全くいいところがなかったですね。フォアボールを選んだのが唯一の救いでしょうか。

今日の打席を見ていても、ストレートに振り遅れ、変化球に泳がされと、最悪な内容になってしまっていて、第4打席は変化球が頭にあったのか、精神的にも追い込まれていたのか、1ストライク目の甘いストレートを見逃し、2ストライク目の内角ストレートに振り遅れてファール、最後の球も完全に振り遅れての三振とかなりひどかったです……(涙)

監督もかなりがっかりしただろうなあ……今の内容ではスタメン落ちが増えそう……

ここ数試合は、投手陣が本来の力を発揮しているので、やっぱり後は打線ですね。松井選手のみならず全体的に元気がないです。松井選手が打てば全然違うんですが、本当厳しいなあ……

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ