エンゼルス意地の逆転勝ちで連敗脱出

エンゼルス意地の逆転勝ちで連敗脱出

レンジャーズとの3連戦第1戦、エンゼルスは先発サンタナが崩れ2回表で5点をリードされる厳しい展開も、2回裏にリベラの3ランとアイバーのソロで4点を返し、7-4と3点差を付けられた4回裏にも一挙4点を挙げて逆転。

5回以降はレンジャーズ打線を無得点に抑えて勝利、連敗を4でストップしました。

松井秀喜選手は4打数1安打でした。

7月30日(日本時間31日) レンジャーズ 7-9 エンゼルス

第1打席 中安
2回無死ランナー無し 初球、高めに入ってきたストレートを軽くミートして、センター左へのヒット。

第2打席 二ゴロ
3回二死ランナー無し 2ストライク2ボールから外角ストレートを引っ張り、強い当たりを放つもセカンド正面のゴロ。

第3打席 三振
4回二死一、二塁 左腕ハリソンに対して、フルカウントから真ん中低めきわどいストレートに、バットが下から出たようなスイングで空振り三振。甘い球は無し。

第4打席 二ゴロ
6回二死一、二塁 左腕ハリソン。ハンターが敬遠されての打席。初球、外角低めやや沈むような球を引っかけてセカンドゴロ。

  +   +   +   +   +   +   +   +   +   +   +

サンタナが打たれまくって、序盤にして早くも終わったかという雰囲気の中、今日の試合はエンゼルス打線が奮起。今期負けなしのハンターを打ち込んで見事な逆転勝ちを収めました。

打線がこれだけ頑張ったのは記憶にないっていうくらい、エンゼルスにしては珍しい勝ち方でしたね。意地を垣間見た気がしました。これで、首の薄皮1枚残った感じ。


松井選手、第1打席でヒットを放ってリベラの3ランを呼び込んだまでは良かったんですが……

やはり、チャンスの2打席、どちらかで1本欲しかった。第3打席で厳しく攻められたので、第4打席は初球に手を出したものの、術中にハマッた感じですね。相変わらずサウスポーが打てなくてガックリ……


期限を間近に控えてトレードが活発ですが、明日1日で何かサプライズはあるのでしょうか。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、中前打は「ちゃんと打っただけ」
松井秀、反撃の口火切るヒット!4打数1安打

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ