後半戦 エンゼルス白星発進

後半戦 エンゼルス白星発進

後半戦がスタートしました。

マリナーズVSエンゼルス4連戦第1戦、エンゼルスは序盤に4点を先行するも、5回にイチローの3点打で迫られる嫌な展開に。それでも、6回にアイバーのタイムリーとアブレイユの2点タイムリーで突き放し、後半戦白星スタートです。

先発ピネイロが7回3失点の好投で10勝目。復調が待たれる松井秀喜選手は4打数1安打でした。

7月15日(日本時間16日) マリナーズ 3-8 エンゼルス

第1打席 二ゴロ
1回二死三塁 2ストライク2ボールから、インコースのストレートにやや差し込まれた格好でセカンドゴロ。

第2打席 三振
3回一死ランナー無し 2ストライクから、真ん中低めボール球になるチェンジアップに空振り三振。2球目の甘いストレートを見逃したのが痛かった。

第3打席 一安
5回二死ランナー無し 1ストライク2ボールから、真ん中低めに入ってきたチェンジアップを引っ張り、ファースト横っ飛びのグラブを弾く強襲ヒット。

第4打席 捕邪飛
7回無死ランナー無し 2ストライク2ボールから、真ん中低めのチェンジアップを打ち上げてキャッチャーファールフライ。 

  +   +   +   +   +   +   +   +   +   +   +

大事な後半戦の初戦は、打線が16安打と爆発しての快勝でした。1点差に迫られた時は嫌な流れでしたが、そこで踏ん張って再度突き放せたのが大きかったですね。

レンジャーズとは4.5ゲーム差ですが、リーが加わってレンジャーズに慢心が生まれれば、付け入る隙はあるのかなと思ってます。(前半戦最後に連敗したのはその影響?)

エンゼルスは、身の丈にあった堅実な野球を続けていけば、チャンスもきっとあるはず。


松井選手、休みを挟んでバッティングの状態が上向くかと期待されましたが、結果もそうですが、内容も今ひとつでした。

今日の試合、現地解説でBS放送が行われてましたが、放送内では、

“開きが早い”
“バットが下から出ている”

ことが指摘されてました。大体、これまでファンの間で言われていることと同じような感じですね。

残念ながら豪打復活とはならなかったですが、ここまで来たら、あとは自分を信じてやるしかないのかなと思います。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、後半戦初戦で安打「出ないよりは」
松井、バット緊急チェック
松井秀、後半戦の鍵は左投手の攻略

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (2)

後半戦白星発進、良かったですね。
松井選手は技術の問題ですか。
DHが合ってないとしか言いようがないですね。
自軍の守りの時でもベンチで立ってソワソワしてましたし。

投稿者:ゆうちゃん |2010年7月16日 22:15

>ゆうちゃんさん

まずは好スタートですね。
エンゼルスとしては、一戦一戦大事に勝っていくしかないので。
松井選手は、何だか振りがおかしかったですね。
甘い球も打ち損じてたみたいですし。
守備についた方が打率がいいのは、放送でも触れられてましたね。

投稿者:管理人 |2010年7月17日 00:11

コメントを投稿する