エンゼルス粘り勝ちで連敗脱出

エンゼルス粘り勝ちで連敗脱出

アスレチックス3連戦第1戦、エンゼルスはアブレイユの2ラン、ハンターの2ランなど、随所でリードを奪うも、投手陣が踏ん張りきれず何度も追いつかれる苦しい展開に。

しかし、延長10回、アイバーが決勝ホームランをたたき込んで粘り勝ち。エンゼルスは連敗を4でストップしました。

松井秀喜選手は2打数ノーヒットだったものの、貴重な犠牲フライでの1打点と2四球を選びました。

7月9日(日本時間10日) エンゼルス 6-5 アスレチックス

第1打席 四球
1回二死ランナー無し 1ストライク3ボールからフォアボール。

第2打席 右飛
4回無死ランナー無し 2ストライク1ボールから、内角のナックルカーブにバットを絡めるようにして引っ張るも、打球は伸びずライトフライ。

第3打席 中犠飛(打点1)
6回無死満塁 2-2の同点。1ストライクからの2球目、高めのストレートをポンとミート、センター左への犠牲フライで勝ち越しの打点をあげる。今月初打点。

第4打席 二ゴロ
8回二死ランナー無し フルカウントから、外角低めのやや変化したようなストレートを、バットに絡めるように引っかけてセカンドゴロ。

第5打席 敬遠四球
10回二死二塁 敬遠のフォアボール。


前日、アブレイユとゴジラがスタメンから外れ、なす術なくスウィープを喰らったエンゼルスですが、今日は早速休養の効果か、不調だったアブレイユに先制2ランが飛び出しました。アブレイユは猛打賞の活躍で、休養が見事にはまりましたね。

同点に追いつかれた後、6回に松井選手が勝ち越しとなる犠牲フライを放つも追いつかれ、8回には好調ハンターが勝ち越し弾を放つも、またも追いつかれと、非常に嫌な流れでしたが、最後はアイバーが決めて何とか連敗脱出。とにかく勝てて良かった。

勝てて良かったものの、松井選手には休養効果は表れず、凡退の内容は相変わらず良くなかったです。


首位レンジャーズに、マリナーズからリーが移籍するという衝撃のニュースが飛び込んできた今日でしたが、エンゼルスは勝って、レンジャーズは敗れました。

非常に厳しい情勢に変わりはないですが、エンゼルスナインはまだまだあきらめてなかったですね。正直、気持ちが萎えかけてましたが、最後までわからないゾという気持ちになりました(汗)

もちろん、逆転優勝には松井選手の復活が不可欠だと思いますが、前半戦残り2戦、何とかいい形を見せて欲しいです。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、2打数無安打も犠飛で1打点
松井秀、10試合ぶり打点「良かった」

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (2)

松井選手、最終打席は良い当たりでしたけど、
結果が欲しいです。
どん底ですよ。
明日の結果を待たずに個人的な総括ですが、
松井選手のオールスター前の前半戦の成績が、
過去8年で最低だと思います。
明日2本塁打しても変わらないですね。
今日は完敗。
カズミアーはフォームで球種が相手に知られてしまって
る恐れがありますね。
相手バッターのスイングの迷いが無かったです。
チームも勝って終わって、松井選手も良い形で終わって
くれて後半戦に向けてリフレッシュしてくれれば
いいですが。

投稿者:ゆうちゃん |2010年7月11日 13:25

>ゆうちゃんさん

本当にどん底ですね・・・
前半戦、調子が良かった時期がほとんどありませんでした。(あっても一瞬)
こんなことは渡米以来初めてだと思います。厳しいですね。

カズミア、球種ばれてますかね?
何かもういい加減にして欲しいです(^^;)
6月は立て直してたんですけどね。
エンゼルスは反攻するためのいい材料がなさすぎですね。

投稿者:管理人 |2010年7月11日 19:06

コメントを投稿する