松井秀喜最後のチャンスで打てず・・・エンゼルスは痛い連敗

松井秀喜最後のチャンスで打てず・・・エンゼルスは痛い連敗

サンタナとチェンの投手戦となったロイヤルズとの3連戦第2戦、終盤は点の取り合いとなったものの、エンゼルスは競り負け。ロイヤルズ相手に痛い連敗となってしまいました。

松井秀喜選手は、一打同点の最後のチャンスで三振に倒れるなど、4打数ノーヒットに終わりました。

7月3日(日本時間4日) ロイヤルズ 4-2 エンゼルス

第1打席 左飛
2回二死ランナー無し 2ストライク1ボールから、真ん中付近のストレートを弾き返すも、左中間への大きなフライ。

第2打席 右飛
5回二死ランナー無し 2ストライク2ボールから、中に入ってきたカーブをうまく叩き、いい角度で上がるも平凡なライトフライ。打った瞬間は長打かという当たりも全く伸びず。

第3打席 三振
8回無死ランナー無し 外角スライダー、外角カーブで追い込まれた後、高めのストレートに空振り三振。

第4打席 三振
9回二死二、三塁 一打同点という場面。2球ファール、2球ボール、2球ファールと粘った後、真ん中付近に入ってきたストレート系の球に空振り三振。一番最後の球が甘かったですが、打ち返すことはできず……


正直、かなり落胆が大きい試合になってしまいました。

9回表、ロドリゲスがもう少しピリッとした投球をしてくれたらというのはありますが、やはり松井選手の状態がどうなんだというところですね。

9回裏は、クローザーのソリアがちょっと足を滑らすような投球をした影響もあって、当然そこに付け込めるはずでした。松井選手であれば打ってくれるだろうという期待もあったんですが、粘ったものの、最終的にはねじ伏せられたような感じになってしまいました。

今日も2三振。いい感じで捕らえている打球もあるものの、結果として表れてこない。

松井選手自身が、現状の問題点を把握できていて、それに対する解決法もわかっているならいいのですが、そうでないとするならば、今シーズンは相当厳しいものになってしまうでしょう。

もしくは、松井選手のイメージ通りに身体が付いてこないのかもしれません。そうだとすると、イメージに順応できるようにバッティングをアジャストする必要も出てくるかもしれませんが……

もちろん、一打席でどうこうということは言えないんですが、トンネルの出口を抜けたと思ったら、また新たなトンネルに突入という感じで、厳しいですね。晴れ渡る空を見上げる日が来るのかどうか、奮起が待たれます。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、4打数無安打…6試合連続三振喫す
松井秀「コントロールが良かった」4打数無安打

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ