エンゼルス痛恨の逆転負け

エンゼルス痛恨の逆転負け

ロイヤルズとの3連戦第1戦は、ソーンダースとデービスの投げ合いに。

4回にナポリのタイムリーで先制したエンゼルス。しかし、9回にフエンテスが同点タイムリーを浴び、延長10回にはシールズが勝ち越しタイムリーを浴びて逆転負け。エンゼルスは痛い星を落としました。

松井秀喜選手はマルチヒットを放ち復調の気配を見せるも、2三振と相変わらずの三振の多さが気になります。

7月2日(日本時間3日) ロイヤルズ 2-1 エンゼルス

第1打席 三振
2回無死ランナー無し 2ストライク2ボールから、外角ギリギリのコースのストレートに見逃し三振。初球の甘い球を見逃したのが痛い。

第2打席 右安
4回二死一塁 フルカウントから、外角低め難しいチェンジアップを上手くバットの先で拾って、右中間に落とすヒット。後続のナポリのタイムリーへとつなげる。

第3打席 左安
6回二死ランナー無し 1ストライク1ボールから、外角のカーブを逆方向へ綺麗に弾き返すレフト前ヒット。

第4打席 四球
8回二死一塁 フルカウントからフォアボール。

第5打席 三振
10回二死ランナー無し 2ストライク2ボールから、外角ストレートに空振り三振。


今日の試合、ソーンダースが序盤に苦しみながらも8回まで無失点に抑え、1点差ながらも勝てる試合だと思いましたが、9回にフォアボールを出したことで微妙な流れに変わっていきました。

ここでフエンテスを出すのは致し方ないんですが、出すのであれば9回始めからが良かったですね。

結局、二死から同点打を浴びてしまいましたが、直前の盗塁成功も地味に痛く、そつなく攻められてしまいました。決勝打も二死からということで、今日の試合は救援陣が粘れなかったのが勝敗に直結。打線があと1点取ってあげていれば大分違ったんでしょうが……


一方で松井選手、2本のヒットは非常に上手く打っていて、これは調子を取り戻したかと思いきや、最後の三振を見るとそんなこともないような気もするしで、いいところも悪いところもあったバッティングでした。

いい部分を活かして、上昇気流に乗って欲しいですね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井、2安打2三振
松井秀、技あり安打も“らしくない”2三振

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (4)

痛ーーーーー恨過ぎる敗戦、最後松井選手が三振で
ゲームセット…。言葉が無い。フェンテス、ヒドイです。
3打席目、左足に体重が残っててキレイなフォームの
レフト前安打でした。
単打2本マルチヒットでも物足りないって思われるなんて
やっぱり凄い選手だなぁと思いますね。
ファンやマスコミの期待は
ホームラン>打点>ヒットなんですから。
しかしまぁ三振多過ぎですね。
50本塁打200三振なら納得しますよ。
酷いですけど<笑>

投稿者:ゆうちゃん |2010年7月 3日 21:43

>ゆうちゃんさん

松井選手のヒットはとてもいい内容でしたね。
確かに、粗いバッティングになりそうですけど
200三振でも50本塁打なら納得かな。
50本も打てば相当ですからね(^^)
フエンテスがもう少し頼りになると助かるんですけど
1点差では厳しいですね……

投稿者:管理人 |2010年7月 4日 10:56

管理人さんが書かれる前のコメですいません。
ロイヤルズ戦連敗。
正直苦しいですね。
打線が。
今日観て松井選手の状態が解りましたね。
スランプ期間に入ってるようです。
バットが下から出てましたし。

投稿者:ゆうちゃん |2010年7月 4日 13:37

>ゆうちゃんさん

連敗は本当に痛いですね。
松井選手、スランプに入りすぎです。
このままではスランプ状態のまま1年が終わってしまいます。
打線が弱いのは……やはりモラレスの抜けた穴は大きいということでしょうか。

投稿者:管理人 |2010年7月 4日 19:07

コメントを投稿する