エンゼルス首位レンジャーズに痛い連敗

エンゼルス首位レンジャーズに痛い連敗

レンジャーズ2連戦第2戦は乱打戦になったものの、終盤に逆転したレンジャーズが1点差で逃げ切り、エンゼルスは首位レンジャーズ相手に痛い連敗となってしまいました。

松井秀喜選手はノーヒットでした。

5月18日(日本時間19日) エンゼルス 7-8 レンジャーズ

第1打席 三振
2回一死一塁 2ストライクからフルカウントまで粘るも、9球目のコースは甘いストレートに空振り三振。一塁ランナーがスタートを切っていたがアウトで三振ゲッツー。

第2打席 三振
4回一死一塁 2ストライク1ボールから、外角ストレートにタイミングが合わず空振り三振。速球も変化球もタイミングが合っていません。合間合間に首をかしげるシーンが目立ちました。

第3打席 四球
5回二死一塁 1ストライク3ボールからフォアボール。

第4打席 中飛
8回無死ランナー無し 2ストライク1ボールから、外角のカーブを叩くもセンターフライ。


3回に2点を先制されたエンゼルスですが、直後の4回、アブレイユのタイムリー、ハンターの2ラン、リベラの2ランで一挙5点を取った時は、さすがに行けると思ったんですが……ウィーバーがお付き合いしてしまいました。

レンジャーズ相手に連敗は相当痛いですが、これが現状の両チームの差になってしまうのかも。とにかく切り替えて、明日また頑張るしかないですね。


アスレチックス戦で復調の気配があった松井選手ですが、昨日に続いて今日もノーヒット。結果云々以前に内容が悪すぎですね。また状態は逆戻りしてしまったような印象です。

うーん……首位相手ということで力が入ってしまったのか……甘い球もあったんですが、今日も打ち損じてました。


ちなみに、つい比較対象にしてしまうゲレーロですが、今日は真ん中低めのボール球をすくい上げてスタンドインしてしまうすごいホームランを放ってました。比較することに意味はないんですが、ただただすごいなあというバッティングでした。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、3打数無安打2三振…前日に続き音なし
松井秀、内容が悪い打撃に「ずれている」

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ