松井秀喜 押し出し四球選ぶも……

松井秀喜 押し出し四球選ぶも……

レイズとの3連戦第2戦はエンゼルス投手陣が小刻みに得点を許し、打線も2点を返すのがやっとで完敗。

松井秀喜選手は、押し出し四球で打点を挙げるもノーヒット。打率は.228まで下降しています。

5月11日(日本時間12日) レイズ 7-2 エンゼルス

第1打席 左飛
2回無死ランナー無し 1ストライクからの2球目、外角低めのストレートをすくい上げるようなバッティングでレフトフライ。

第2打席 二ゴロ
4回一死ランナー無し 1ボールからの2球目、外角高めのストレートにバットをこねてしまい、セカンドゴロ。

第3打席 一ゴロ
7回無死ランナー無し 1ボールから、内角ストレートにバットを折られてのファーストゴロ。折れたバットはスタンドまで飛んでいきました。

第4打席 四球(打点1)
8回一死満塁 5点ビハインドでの打席。ストレートのフォアボールで押し出し。


前日の試合は何とか勝ったものの、今日は自力の差がそのまま出たような試合になってしまいました。

松井選手は……昨日のフォアボールの選び方がなかなか良かったので期待してしまいましたが、残念ながら状態に変化はないみたいですね。第4打席も……正直、フォアボールで良かったと思ってしまいましたし。このまま長いトンネルが続いてしまいそう。

ヤンキースだとスタメンでいられるような状態じゃないんですが、エンゼルス打線は全体に低調で、他に代わる選手もいないのがいいことなのか悪いことなのか。

ただ、ここまでの低打率に喘いだことは今までにないだけに、(これまでも状態は悪いと言っても、ヒットはそれなりに出ていた)かなり心配ですね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、2試合連続無安打も押し出しで1打点
松井秀、満塁で待てのサイン 不調が原因か
松井が10m巨大人形と初対面「これぐらい大きく」と巻き返し誓う
これぐらいBIGに 「巨大分身」に奮起誓う アナハイムで対面

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ