エンゼルス延長でサヨナラ勝ち

エンゼルス延長でサヨナラ勝ち

エンゼルススタジアムでのレイズとの3連戦第1戦、エンゼルスはクローザーのフエンテスが3点リードを守れず同点に追いつかれる苦しい展開に。

しかし、延長11回にリベラの犠牲フライでサヨナラ勝ちし、何とか勝利を物にしました。

前日休養日の松井秀喜選手は、2度出塁するもノーヒットに終わりました。

5月10日(日本時間11日) レイズ 4-5 エンゼルス

第1打席 投ゴロ
1回二死一塁 2ストライク2ボールから、外角低めボール気味のストレートを引っかけてピッチャーゴロ。

第2打席 打撃妨害
3回一死一塁 初球、外角ストレートを打った際、バットがキャッチャーミットに当たったようで、打撃妨害で出塁。

第3打席 遊ゴロ
5回二死ランナー無し 1ストライク2ボールから、外角ストレートを当てただけのショートゴロ。

第4打席 四球
8回二死ランナー無し フルカウントからフォアボール。代走を送られて交代。この打席は3球ファールで粘ってのフォアボールで、内容的には悪くなかったと思います。


いろいろラッキーな面もあって、序盤で4点を先行したエンゼルス。追加点が奪えないのは相変わらずでしたが、ロドニーが1失点は仕方ないにしても、フエンテスが3失点で追いつかれたのは、痛すぎですね。

レイズのチーム状態がいいとしても、セットアッパーとクローザーがこんな調子ではこの先も本当に厳しい。

チーム防御率も相当悪いですよね。

ざっと並べてみても、

【先発陣】
ウィーバー 2.66
サンタナ 4.40
ピネイロ 4.50
ソーンダース 6.19
カズミア 7.11

【リリーフ陣】
ロドニー 2.87
ジェプセン 4.05
バルガー 4.50
パルマー 6.26
フエンテス 7.04
ストークス 7.31
シールズ 7.71     (5/11現在)

ウィーバーとロドニー以外はどうにも厳しいですね……
(サンタナとピネイロは及第点?)

勝てたのが唯一の救いでした。


一方の松井選手、1日休んでどうかな?というところでしたが、内容はあまり良くなかったですね。ただ、第4打席だけはバッティングに粘りがあって、少しばかりの光明が見えたかな?という感じがしました。

明日の打撃内容にも注目したいと思います。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀は2の0も2出塁、代走を送られ退く
松井秀、持ち味出した八回の四球
松井2打数無安打 エンゼルスはサヨナラ勝ち

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ