松井秀喜ノーヒットもエンゼルスはヤンキース戦勝ち越し

松井秀喜ノーヒットもエンゼルスはヤンキース戦勝ち越し

1勝1敗で迎えたエンゼルスタジアムでの対ヤンキース第3戦は、エンジェルスが終盤モラレスの3ランで突き放し、3連戦を勝ち越しました。

松井秀喜選手はノーヒットに終わり、MLB1000本安打はお預けです。

4月25日(日本時間26日) ヤンキース 4-8 エンゼルス

第1打席 右飛
2回無死ランナーなし 初球、真ん中高めのストレートを強振。いい角度で上がるも打球は伸びずライトフライ。

第2打席 中飛
4回無死ランナーなし フルカウントから、真ん中に入ってくる変化球に少しタイミングをずらされ、平凡なセンターフライ。

第3打席 左飛
5回一死ランナーなし 2ストライク2ボールから、外角低めのストレートを流し打つも、レフト線付近のフライ。

第4打席 三ゴロ
7回一死一、二塁 1ボールから、インコースに入ってきたストレートが止めたバットに当たり、ボテボテのサードゴロで三塁フォースアウト。


第1打席は正直行ったと思いましたが、全く伸びなかったですね。

第4打席は、迷いがあるような中途半端なバッティングになってしまい、直後にモラレスが3ランを放ったのとは対照的になってしまいました。

それにしても、モラレスはいいところで打つなあ。

今日は、不振ながらも使われているウッドに待望のタイムリーが飛び出して、これがきっかけになればいいですね。いくら9番とはいえ、1割打つか打たないかではさすがにまずい(汗)

松井選手の1000本安打にはさほど関心はないんですが、早く1本出て楽に打ちたいところですね。松井選手自身も、あまり興味はないみたいですが。

ひとまず、チーム的には、好調ヤンキースに2勝1敗と勝ち越せたのは大きかったと思います。

【松井秀喜関連ニュース】
消化不良の松井秀、最後まで強い打球打てず
松井1000安打持ち越し「全部打ち損じ」
1000安打持ち越し 松井4の0「打ち損じ多かった」 ヤ軍に競り勝ち、納得の表情

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ