松井秀喜 自身初の代打ホームラン

松井秀喜 自身初の代打ホームラン

スタメンを外れた松井秀喜選手ですが、劣勢の終盤に代打で登場、自身初となる代打アーチを放ちました。

9月21日(日本時間22日) エンゼルス 5-2 ヤンキース

第1打席 中本(打点1)
1球目外角カーブでストライク、2球目カーブが高めに浮いてボール、3球目甘めのカーブを打ってファール、2ストライク1ボールからの4球目、外角高めのストレートを綺麗に叩いて、センターバックスクリーンへと消えるソロホームラン!
→松井秀喜 27号ソロ ホームラン動画


変化球を3球続けられた後のストレートをコンパクトにミートして、バックスクリーンへと運びました。

このホームランも決して甘い球ではないし、どうしても変化球に目が慣れてるところなので、簡単に打てる球じゃないと思うんですが、ここのところの松井選手には、驚かされてばかりいます。

一方で、チームの投打のバランスがこのところ悪くなってるのが気がかりですね。特に打ち込まれ気味の投手陣がもう少し踏ん張らないと、この先どんどん厳しくなってきそうです。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、メジャー初の代打ホームラン!
秀喜プロ初代打弾!絶好調10戦4発
松井秀、30本が視野に…手応え十分の代打本塁打

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ