ゴジラ同点タイムリーもチームは延長の末敗れる

ゴジラ同点タイムリーもチームは延長の末敗れる

ツインズ2連戦初戦は、3-3の同点で迎えた延長10回に犠牲フライで勝ち越されたアスレチックスが敗れました。

松井選手は同点タイムリーで11試合ぶりの打点を挙げましたが、実りませんでした。

5月18日(日本時間19日) ツインズ 4-3 アスレチックス

松井秀喜 今日の結果 4打数2安打1打点

第1打席 中直
2回無死ランナー無し 2ボール1ストライクから、インコースに入ってきたストレートを払うように叩くも、右中間への打球は少し伸びすぎてセンターライナー。

第2打席 二安
4回無死ランナー無し 3ボール1ストライクから、外角難しいシンカーをバットの先で当て、バットを折りながらもピッチャー足元を抜けてセカンド前に転がる内野安打。

第3打席 右安(打点1)
6回一死三塁 初球、インコース高めのストレートを思い切り引っ張り、ライナーで運ぶ同点タイムリーヒット!
→松井秀喜 同点タイムリー動画

第4打席 中直
9回無死ランナー無し 1ボール1ストライクから、真ん中低めのストレートを払うように持っていくも、これも少し伸びすぎたかセンターライナー。


残念ながらチームは負けてしまいましたが、今日の松井選手は久々の打点を挙げ、バッティングの内容も良かったと思います。内容的には4-3でしたね。勝利に結びついてくれないところが痛いですが。

ここでツインズに連敗してしまうと、せっかくエンゼルスに連勝した意味が無くなってしまうので、明日は何とか勝ちたいところ。松井選手も多分、希望的観測としてスタメンだと思うので、一発大きな花火を打ち上げてほしいですね。

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ