ゴジラ走りまくって勝利に貢献!? エンゼルス5割復帰

ゴジラ走りまくって勝利に貢献!? エンゼルス5割復帰

ツインズとの3連戦第2戦、先発ベルが初回に3点を先行されるも、直後の2回にナポリの犠牲フライ、ボーホスのメジャー初本塁打、アブレイユの本塁打で一気に逆転。

その後も先発全員安打で得点を重ねると、投手陣も2回以降は得点を許さず快勝。エンゼルスは5割に復帰です。

5番DHで出場の松井秀喜選手は、4打数1安打1四球でした。

8月21日(日本時間22日) エンゼルス 9-3 ツインズ

第1打席 中安
2回無死ランナーなし 初球、外角高めのストレートを綺麗にはじき返してセンター前のヒット。

第2打席 四球
3回無死ランナーなし 1ストライク3ボールからフォアボール。

第3打席 二ゴロ
4回二死一、二塁 1ストライク2ボールから、外のストレートを引っかけてボテボテのセカンドゴロ。

第4打席 中飛失策
6回二死一塁 左腕メイヘイ。初球、外角ストレートをセンターへ弾き返すも中堅手が追いつきお腹付近でキャッチ……と思いきや落球。ゴジラは三塁へ。記録はエラー。

第5打席 右飛
8回二死一塁 左腕パーキンス。2ナッシングからファールで粘っての6球目、真ん中に入ってきた変化球を角度良く打ち上げるも、打ち損じたか平凡なライトフライ。

  +   +   +   +   +   +   +   +   +   +   +

先発ベルということで、継投でつないでいかなければならない試合ですが、打線が頑張り比較的楽な試合展開にすることができました。

打線が打ちまくった中で、今日はボーホスがメジャー初ホームランの他、犠牲フライを阻止する捕殺も決めるなど、大活躍した試合でした。何試合か前だったか、送球に不安を感じさせる部分もありましたが、今日の試合の捕殺を見る限り、そんな心配は無用だったのかも(マシスも上手くキャッチしました)。

松井選手は1安打1四球でしたが、第3打席を除いて悪くないバッティングが続いていると思います。第4打席もヒットにはならなかったですが、左中間方向への逆らわないバッティングで良かったですね。

今日は、松井選手が異様に走りまくった試合でもあり、第1打席、第2打席の出塁後は、いずれもアイバーとの間でエンドランを決め、三塁まで激走しました。

さらに、第4打席も三塁まで激走と、本当に走りまくってましたね。エンドランの場面では、2度ほど走ってファールという場面があったので、松井選手には珍しいくらいに走塁が印象に残る試合でした。

それにしても、決して足が速くない松井選手に2度もエンドランを敢行するとは、ソーシア監督の意図は何なんでしょうね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、反撃口火の安打!エ軍逆転勝ち
松井秀、走塁の速さほめられ「知ってるよ」

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (2)

2度のエンドラン自分も観ました。
あのスピードが今の限界だとは言え、興奮しました。
良い起爆剤になればなぁと。
この2つのランニングがあっての第4打席の、どや顔
だったんですか。
エンドラン後、ベンチでイジられたんでしょうね(^o^)

投稿者:ゆうちゃん |2010年8月22日 21:55

>ゆうちゃんさん

松井選手、頑張ってましたね(^^)
どや顔はどうなんでしょうね。エンドランのこともあったのかもしれません。
あの時点では、松井選手ヒットだと思っていたと思うので、
初の三塁打に「どうだ」ということだったかもしれないですね。

投稿者:管理人 |2010年8月23日 20:55

コメントを投稿する