松井秀喜 4戦連続マルチもヤンキースは3連敗

松井秀喜 4戦連続マルチもヤンキースは3連敗

松井秀喜選手、出場4試合連続となるマルチヒットと調子が上向いてきましたが、ヤンキースはレッドソックスに3連敗、勝率は5割に。一方のレッドソックスは10連勝と勢いの差が如実に出ました。

4月26日(日本時間27日) レッドソックス 4-1 ヤンキース

第1打席 左安
無死ランナーなし 1ストライク1ボールからの3球目、真ん中の変化球をやや引きつける格好で、レフトへライナーで運ぶヒット。

第2打席 右安
二死一塁 2ストライク1ボールから、真ん中低めの変化球をバットの先ながらライトへライナーのヒット。2球目を打ったライトポール際の大ファールは惜しかったです。

第3打席 右直
一死一、二塁 2ストライク1ボール、1球ファールを挟んでの5球目、カーブを泳ぎながら上手く捕らえるもライト正面へのライナー。

第4打席 三飛
一死ランナーなし 斎藤隆投手との対決。2球ファールを挟んでのフルカウントから、ストレートを打ち上げてサードフライ。


巨人時代は、斎藤投手との相性は良かったまっつーですが、メジャーでの印象は大分違うでしょう。1球目のストレートに“速いなあ”という表情をしていました。

それはともかく、松井選手、大分調子は上向きのようです。結果もさることながら、内容もいいですね。今の状態なら3割到達もそう遠くないかもしれません。

一方でチームの方は宿敵レッドソックスに3連敗。ペティットがホームスチールを決められたりするなど、勢いの差がそのまま出てしまった感じです。ヤンキースの往年の強さはどこへ行ってしまったのか。

打線を毎回のように変えるのもどうかと思うんですが、問題はやっぱり投手かな……

【松井秀喜関連ニュース】
調子上向きの松井秀、出場4試合連続の2安打
松井秀4試合連続マルチ…Rソックス斎藤と初対決
松井、4戦連続2安打 ヤンキースは3連敗
松井秀 4戦連続マルチ安打も敗れる

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ