エンゼルス 2カード連続負け越し

エンゼルス 2カード連続負け越し

アスレチックス3連戦の第3戦、エンゼルスは中盤までリードを奪うも、終盤にリリーフ陣が崩れて逆転負け。2カード連続の負け越しで、借金は再び3になりました。

松井秀喜選手はノーヒットでした。

4月11日(日本時間12日) アスレチックス 9-4 エンゼルス

第1打席 中飛
1回一死二塁 2ナッシングから、外角低めのカーブを綺麗にすくい上げるもセンターフライ。

第2打席 一ゴロ
4回無死ランナーなし 2ストライク1ボールから、外角高めの変化球に崩されて、当てにいった感じのファーストゴロ。

第3打席 四球
6回一死一塁 ストレートのフォアボール。

第4打席 投ゴロ。
8回二死一塁 フルカウントから、外よりのストレートをセンター返しもピッチャーゴロ。


松井選手、今日は小休止でした。

遠慮せず、爆発しちゃっていいんですが、そんなところは彼らしい?

今日の試合はやや変化球攻めが多かったかも。これまでストレートを打っているケースが少し多いので、今後は変化球が増えるかもしれません。

エンゼルスはまたしてもリリーフ陣が崩れてしまいました。

あまり元気のない打線も気がかりといえば気がかりですが、投手陣の立て直しも急務ですね。ここのところの大量失点は、いつぞやのヤンキースを見ているよう。

次はヤンキース戦ということで、松井選手にチャンピオンリングが渡されるようですね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、V打の翌日は音無し…チームも逆転負け
頼みの松井沈黙、エンゼルス高まる依存度に逆転負け

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ