松井秀喜 16打数連続ノーヒット

松井秀喜 16打数連続ノーヒット

ノーヒットが続く松井秀喜選手ですが、この試合も安打はなく16打数ノーヒット。四球を挟むと18打席ヒットがありません。

6月8日(日本時間9日) ヤンキース 5-3 レイズ

第1打席 三飛
一死一塁 2ストライク1ボールから、高めの甘い変化球を打ち上げてサードフライ。

第2打席 四球
無死ランナーなし ストレートのフォアボール。

第3打席 二ゴロ
一死ランナーなし 初球、外角いっぱいのストレートをバットの先に乗せて打つも、力のないセカンドゴロ。


今日からフライによる守備練習を再開した松井選手ですが、この試合も、状態としてはあまり変わってないようです。

放送で秦氏がわかりやすい解説をしていました。

今の松井選手は、横から見ると漢字の「入」の文字を描いていて、これが「人」の文字を描くようにならないといけないそうです。

上体が突っ込んでしまって手打ちになるので、打球が飛ばないということみたいですね。

重心を溜めて球を呼び込んで打てるようになれば、結果も変わってくるのではないかというところです。

そのためにはやはり逆方向へのバッティングを意識することが大切ではないか?と思います。逆方向を意識できればそれだけボールを長く見れるはずだし、バッティングも変わってくるのではないかと思いますが……

状況はかなり厳しいですが、幸か不幸か身体の方は問題ないようなので、レッドソックス戦での奮起を期待です。

ジラルディ監督が松井選手を擁護していたのが意外でした。内心どう思っているかはわからないですけどね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀18打席連続ノーヒット「体は問題ない」
松井、沈黙続く 18打席ノーヒット 飛球のノック解禁 守備復帰には前進
長いトンネル…松井秀18打席連続無安打
「技術がどこかおかしい」…松井18打席連続無安打
松井秀を韓国のロック歌手が応援! その正体は…

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ