松井秀喜 決勝点挙げるも14打数連続ノーヒット

松井秀喜 決勝点挙げるも14打数連続ノーヒット

松井秀喜選手は7番DHで出場。8回のセカンドゴロで決勝点を挙げたものの、4打数ノーヒット。14打数連続でヒットがありません。

6月7日(日本時間8日) ヤンキース 4-3 レイズ

第1打席 二ゴロ
二死二塁 1ストライク2ボールから、外角ストレート(抜いた球?)を引っかけてセカンドゴロ。

第2打席 二ゴロ
二死一塁 1ボールから、真ん中外角よりのカーブをこするような形のバッティングでセカンドゴロ。

第3打席 中飛
無死ランナーなし 1ストライク3ボールから、外角低めの難しい球を当てただけのセンターフライ。

第4打席 二ゴロ(打点1)
一死満塁 同点に追いついた直後の打席。初球外角低めのカーブを叩きつけて、ボテボテのセカンドゴロ。ダブルプレイにはならず勝ち越しの一打に。


悪い時の松井選手を象徴するかのようにセカンドゴロが3つ。

第4打席は、本当にダブルプレイにならなくて良かったという結果オーライのバッティング。ここでダブルプレイだったら正直発狂していたかも(?)他の打席も打球に力なく、全く打てる感じがしなかったので、内容はどうあれ、勝利打点という結果が出たのは良かったです。かなり複雑ですが……

松井選手も、チームに勝利をもたらしたと前向きに考えるしかないでしょう。

いずれにしても、猛打賞を記録した時のレフト方向へのバッティングを思い出してほしいです。

ただ、松井選手のチームにおける存在は、かなり危機的状況に陥ってるような気はします。昨日の代打での三振にGラルディ監督は露骨に顔をしかめていたように見えたし、今日の勝ち越しセカンドゴロにも、A・Rッドはあきれ顔だったような。

まあ、悪い時には何もかも悪く見えてしまうわけですが。また明日、新たな気持ちで頑張ってほしいです。

【松井秀喜関連ニュース】
併殺崩れに全力疾走! 松井秀“タナボタ”決勝点
松井激走、決勝の打点 4戦連続無安打、笑顔なし
松井秀 4タコに終わるも“V打”記録

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ