ゴジラ5タコもエンゼルスは快勝

ゴジラ5タコもエンゼルスは快勝

長いロードの初戦となるロイヤルズとの4連戦第1戦、エンジェルスは投打がかみ合って7-1で快勝、連勝を3に伸ばしました。

ハンターの復帰で5番に入った松井秀喜選手は全くいいところ無く、先発メンバーで唯一無安打となる5打数ノーヒットでした。

5月31日(日本時間1日) エンゼルス 7-1 ロイヤルズ

第1打席 一ゴロ
2回一死ランナー無し 初球、外角のストレートを強引に引っ張り、やや引っかける形でのファーストゴロ。

第2打席 一ゴロ
4回無死ランナー無し 初球、外角の沈む球を少し引っかける形でファーストゴロ。第1打席と同じような形。

第3打席 三振
6回無死ランナー無し 2ストライク1ボールから、外角低めに沈む球に空振り三振。

第4打席 三振
7回二死一、二塁 2ストライク2ボールから、外角の抜いた球にバットは空を切り、空振り三振。

第5打席 遊飛
9回二死二塁 初球、真ん中付近のストレートを打ち上げてショートフライ。


1打席目のファーストゴロを見た時嫌な感じがしたんですが、その予感は外れることなく5タコに終わってしまいました。

昨日のホームランのように少しずつ復調の気配を見せても、次の試合では別人のようなバッティングで、なかなか波に乗れず、4月下旬から続くスランプは一向に抜け出せる感じがしてきません。

ここまで来ると、もはやスランプではないような気も……

5月の月間打率は.184

ケンプさんのサイトの月別成績を見てみると、月間打率が1割台というのは過去にもありましたが、怪我で苦しんでいたとか、副次的な要因があったように思うので、単純な打撃不振でここまで打率が落ち込むのは、今回が初めてかもしれません。

6月になって、文字通りツキを変えることができるかどうか……?

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀2三振で5タコ…エンゼルスは3連勝
松井秀、スタメンでただ一人無安打
松井5打数無安打…エンゼルス打線爆発も一人蚊帳の外
苦闘の5月、打率.184 最終戦、松井無安打

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (2)

ここまで来ると、スランプではないような気も
→これは、もはやプロ野球選手として限界か!
と管理人さんは言いたいのでしょう・・・。涙
正直私も思ってます、。胸が張り裂けそうですが。
今月ダメなら間違いなく。
リトル松井が解雇され、パイレーツ岩村が不振でレギュラー
剥奪、福留選手は左投手の時はスタメンを外れ、松井選手も
不振。順調といえばイチロー選手ですか。
松井選手今月爆発しなければ、解雇・ベンチ要員、
変な事考えますよね、ホントに。
松井ファンの思いは届いてますかね?

投稿者:ゆうちゃん |2010年6月 1日 22:38

>ゆうちゃんさん

確かにその通りなんです。
考えたくはないんですが“その時”は必ずやってくるわけで、
もしかするともしかするのかもというのは常にありますね。

一方で4月は好調だったわけだから、まだ何とかなるはずというのもあります。
とにかく今月ですね。
これまでのパターンからすると、そろそろ大爆発となるはず!

確かに順調なのはイチローだけですね。
ファンとしては応援するしかないので、
頑張って見守っていきましょう。

投稿者:管理人 |2010年6月 2日 00:06

コメントを投稿する