エンゼルス接戦を制し5割復帰

エンゼルス接戦を制し5割復帰

エンゼルスタジアムに場所を移してのヤンキース戦。エンゼルスは同点の8回、モラレスに勝ち越し2ランが飛び出し、勝率を5割に戻しました。

松井秀喜選手は、モラレスの勝ち越し弾を呼び込むヒットを放ったものの、チャンスでは凡退。歯がゆい結果となりました。

4月23日(日本時間24日) ヤンキース 4-6 エンゼルス

第1打席 遊直
1回一死一、三塁 2ストライク2ボールから、真ん中のストレートをセンター返しするも、バットを折られてのショートライナー。

第2打席 二ゴロ併殺
3回無死一、三塁 初球、外角の変化球を引っかけてセカンドゴロダブルプレイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第3打席 二ゴロ
5回無死ランナーなし フルカウントからインコースのストレートを引っ張るも、いい当たりのセカンドゴロ。

第4打席 右安
8回無死ランナーなし 1ストライク2ボールから、真ん中に入ってきたストレートを引っ張り、痛烈な当たりのライト前ヒット。代走を送られ交代。


この試合、まず気になったのが、3回、2塁ランナーのタシェアラがカノーのヒットでホームに突っ込んできた場面。ベースは空いているのに、キャッチャーのウィルソンに体当たりし、ウィルソンは負傷退場してしまいました。
→その動画

キャッチャーがベースをふさいでいる場合、体当たりするのはいいとしても、ベースが空いているのに体当たりするというのは一体何を考えているのか?と言わざるを得ないですね……ファンも野球を観に来ているわけで、格闘技を観に来ているわけではないはず。

考えられることとしては、この回タシェアラが出塁したのはデッドボール。その報復かと勘ぐってしまいますね。

一応タシェアラは、ウィルソンがボールを持っていると思ったので体当たりしたと弁明しているみたいですが……

ウィルソンはDL入りしたみたいですが、大事にならなければいいですね。それにしても、エンゼルスのキャッチャーは受難続き。


松井選手は……正直3回の打席だけは是が非でも打って欲しかったんですが、結果は最悪。ウィルソンの負傷があった直後で、エンゼルスナインも思うところがあったと思うんで、本当ここだけは結果を出して欲しかった。その他のナインは、(おそらく発奮して)この回逆転しただけに、なおさらダメっぷりが目立ってしまいましたorz

ちなみに、併殺打では打点は付かないんですね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、決勝弾演出の右前打!エ軍連敗止める

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ