エンゼルス4連勝 5割復帰

エンゼルス4連勝 5割復帰

エンゼルスタジアムに戻ってのタイガース戦。エンゼルスは、ピネイロ、ジェプセン、ロドニーの完封リレーで4連勝を飾り、勝率を5割に戻しました。

松井秀喜選手は2打数ノーヒットでした。

4月19日(日本時間20日) タイガース 0-2 エンゼルス

第1打席 三振
2回無死ランナーなし 2ストライク1ボールから、外角低めいっぱいのスライダーを見逃し三振。非常に厳しい球……

第2打席 左飛
3回二死二、三塁 フルカウントまで粘るも、7球目の外角低めのスライダーを打ち上げて平凡なレフトフライ。打てそうな球は、2球目空振りしたストレートくらいでした。

第3打席 四球
6回無死ランナーなし フルカウントからフォアボール。


今日は3打席までしか回らず。2打席目のチャンスで何とか打ちたかったところですが、2球目の真ん中付近のストレートを空振りしてしまったのが、結果的に響いてしまいました。

それでも、エンゼルスは先発ピネイロが好投し4連勝。この4連勝中は、いずれの先発投手もしっかり結果を残してるんですよね。これが本来の姿とはいえ、あまりの変わりようにすごく不思議な感じ。


相手がタイガースというとデーモンのことが思い出されますが、変わらず元気みたいですね。

ただ、いきなり今日の試合、普通のレフトフライで一塁ランナーのケンドリックが二塁にタッチアップするという場面が……

いくら弱肩のデーモンとはいえさすがにやり過ぎ。(タイミングは紙一重でしたけど)

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、2打数無安打…エ軍4連勝で勝率5割に
松井、5試合ぶり無安打も今季初の4連勝

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ