ゴジラ4試合ノーヒット エンゼルスは連敗脱出

ゴジラ4試合ノーヒット エンゼルスは連敗脱出

今シーズン初めてのエンジェルスVSマリナーズ同地区対決は、エンジェルスがモラレスの3点打で先制。ウィーバーの好投もあって快勝し、連敗を7でストップしました。

不調が続く松井秀喜選手は今日もノーヒット。打率は.230まで下降しています。

5月7日(日本時間8日) エンゼルス 8-0 マリナーズ

第1打席 一ゴロ
1回無死三塁 2ストライク2ボールから、高めに入ってきた変化球を引っ張るも強い当たりのファーストゴロ。初球の甘めのストレートを見逃したのが残念。

第2打席 四球
4回無死ランナーなし フルカウントからフォアボール。

第3打席 三振
5回無死ランナーなし 2ストライク2ボールから、外角高めボール気味のストレートをアッパー気味に振って三振。1球目、2球目の甘いストレートに全く反応しなかったのが……

第4打席 三振
7回一死一塁 2ストライクから、外角低めに沈むボール球に泳いで空振りの3球三振。


ひとまずチームの連敗が止まって良かったですね。それだけ、マリナーズのチーム状況はエンゼルス以上に深刻ということなのかもしれませんが。イチローとグティエレスが3割打つも、他の打者が2割前後の打率ではきつい。

ただ、エンゼルスも効率よく得点したとはいえ、結局5安打なので手放しでは喜べないですね。


その原因の一因は、やはり松井選手にあるわけですが、日に日に内容が悪くなっていってる印象です。

第3打席、第4打席の三振は、気持ちが切れたようなスイングで、松井選手にしてはかなり珍しい、ひどい三振でした。

もう一つ気になったのが、打席で投球を待つ際、右足を小刻みに動かす特徴がありますが、今日はその揺れが大きく、身体全体が動いてしまってました。あれだと目線がずれて、ミスショットが多くなってしまうのではないのかな?


ちなみに、打率が.230というのは、DLしたシーズンを除くと、5月以降では自己ワーストのようですね。2005年の5月に.231というのがありましたが、2005年5月は全然ホームランが出なくて、月間ゼロ本塁打かというところで、5月31日にようやく1本出たというのが記憶に残ってます。

2005年は、6月に調子を上げて、最終的には3割を打ったシーズンではありました。

数字の変遷を見てみると、2005年も出だしよかったものの、その後急降下していったので、そういう意味では2010年と似ているのかも。

ただ、今の状態を見ていると、復調には相当な時間が掛かりそうな感じですね……

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、イチローともに無安打 エンゼルスが勝つ
松井秀、監督と話し合いも…好球必打できず

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (2)

コメント最近 極端に不振ですね。素人から見た感じ2点。まず、構えが縮こまってるので、振りにスピードと迫力が感じられない。だから当てるのみで鋭い当たりがない。打ちたい気持ちが先行しすぎ。長島流に来た球をバックスクリーンに向かって打ち込む気持ちで打てば。左右どちらの方向でも対応できるのでは。次に四番だからチームのために打たなければ・打点かせがなければという意識が強すぎ。以前のように好球必打で四球をえらぼうという意識がなくなってるのでは。一人でゲームしてるんじゃないんだから。一人だけ頑張っても勝ちにはつながらないと思うよ。気楽にいこう。

投稿者:清水 |2010年5月 8日 21:54

>清水さん

コメントありがとうございます。

確かにセンター返しはバッティングの基本ですよね?
来た球に自然体で反応していければいいんでしょうけど、松井選手はいろいろ考え込んでしまいそうに見えるので、今は考えすぎて悪循環に陥ってそうです。
せっかくの新天地。野球を楽しんで欲しいですね。

投稿者:管理人 |2010年5月 9日 09:17

コメントを投稿する