今日の松井秀喜(地区シリーズ第4戦)

今日の松井秀喜(地区シリーズ第4戦)

≪地区シリーズ第4戦≫
(1勝3敗)ヤンキース 4-6 インディアンス(3勝1敗)

【今日の松井秀喜】
第1打席:四球
第2打席:一ゴロ
第3打席:遊飛
第4打席:四球

今日の結果:2打数 0安打 2四球
ポストシーズン通算:11打数 2安打 .182 0本塁打 0打点 5四球


ヤンキース終焉──

またしても地区シリーズでの敗退。ヤンキースらしい戦いがほとんどできないままの敗戦。力を出させなかったという意味では、インディアンスの力が上回っていたのでしょう。それにしても、王建民は本当に19勝した投手なんでしょうか……

今日は応援できませんでしたが、松井選手はまたしてもノーヒット。このシリーズ、出塁率こそ.438とらしさを見せましたが、打点はついにゼロでした。ランナーを置いた場面でことごとく凡退する姿は、非常に寂しいものを感じました(;;)

去年に続いての相次ぐ怪我に苦しみながら、今年は月間MVPを獲得する活躍を見せたものの、打率、打点は1年目も下回る成績。言ってみれば、月間MVPを取りながらこの成績というのは、他の月がよほど悪かったという証でもあります。

この激しすぎる好不調の波をいかに小さくしていくか──やはり、松井選手自身が確立したバッティングというものを会得する以外にないと思います。7月の好調時、インタビューの中で、松井選手は今何故こんなに打てているのかわからないという主旨の発言をしていました。正直「えっ?」と思ってしまいましたが(^^;)、打てる理由がわからないということは、打てない理由もわからないということで、不調期が長引いてしまうのも当然です。

膝の状態がどこまで戻るのかも気になるところですが(オフの間に完治することはないのかもしれません)、このまま終わってしまうのか、それともこれぞ松井というバッティングでファンを湧かせてくれるのか、また来年を楽しみにしたいと思います。(もちろん、クラッチなゴジラを期待して……)


一年間お疲れ様でした。


【松井秀喜関連ニュース】
『松井終戦 追撃及ばず 5年目も世界一は遠く 4―6、3敗目 地区シリーズ敗退』
『松井秀、ブーイングの嵐の中で』

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ