モラレス逆転3ランでエンゼルス大勝

モラレス逆転3ランでエンゼルス大勝

アスレチックスとの3連戦第2戦は、2点を先行された4回、モラレスに逆転3ランが飛びだしエンゼルスが逆転。その後はエンジェルスが一方的に得点を上げて大勝しました。

松井秀喜選手は1安打1死球でした。

5月15日(日本時間16日) アスレチックス 3-12 エンゼルス

第1打席 三振
2回二死ランナー無し 2ストライク1ボールから、外角低めに鋭く落ちたようにも見えたストレートに空振りの三振。

第2打席 三振
4回二死ランナー無し 2ストライク2ボールから、外角低めボールになるスライダーに空振り三振。

第3打席 死球
6回無死ランナー無し 2ストライクから、内角へのスライダーが左足膝付近に当たりデッドボール。

第4打席 左二
7回無死ランナー無し 1ストライク2ボールから、外角低めのストレートを力強く流し打ち、レフト頭上を越えるツーベースヒット。代走を送られ交代。


今日の試合は、何と言ってもモラレスの逆転3ランでしたね。あれで一気に雰囲気が変わって圧勝しました。これだけ打線がつながって得点を上げていくシーンはあまり記憶にないですね。

と思ったら、2桁得点は今期初めてでした。一方で2桁失点は既に5回(^^;)
それだけ、今シーズンの投手陣と攻撃陣を象徴する数字ですね。

松井選手ですが、、第4打席のレフト方向へのバッティングは、久々に強い打球が打ててたと思います。これまでだと腕の力だけで持っていったバッティングが多かったですが、下半身の力をうまく使えた感じでした。少しずつですが、復調に向かっていると言っていいのでは。

デッドボールも大したことが無くて良かったです。膝付近はヒヤッとしますね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、復調の兆し「距離も出ていたし」
ゴジラ完全復活!前日5号に続き左へ長打!

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ