アスレチックス大勝もゴジラは3三振

アスレチックス大勝もゴジラは3三振

貧打にあえいでいたアスレチックスですが、今日の試合は12安打9得点で大勝。連敗を3でストップしました。

4月23日(日本時間24日) アスレチックス 9-1 マリナーズ

松井秀喜 今日の結果 4打数0安打1四球

第1打席 二ゴロ
2回一死ランナーなし 1ストライクから外角低めのカーブを引っかけてセカンドゴロ。

第2打席 三振
4回無死ランナーなし 2ボール2ストライクから、外より低めに落ちていく球に空振り三振。

第3打席 四球
6回無死ランナーなし フルカウントから、1球ファールを挟んでの7球目を見送ってフォアボール。

第4打席 三振
6回二死二、三塁 この回2度目の打席。2ボール2ストライクから、外角ボール気味のストレートに中途半端なスイングで空振り三振。

第5打席 三振
9回無死一塁 1ボール2ストライクから、外角ボールのストレートに上半身だけで振りにいって空振り三振。


アスレチックス打線がまさか(!?)の9得点。ケーヒルも不安定でしたが立ち直って連敗をストップしました。ひとまずズルズル行かないで良かった。

一方の松井選手ですが、今日の内容は悪かったですね……特に、第4、第5打席の三振はひどかった。

解説でも言われてましたが、開きが早いので上半身と下半身の動きが連動してない感じがします。早く開いてしまうので、上半身だけの手打ちになってしまうという。このところ、少しオープン気味に構えているのも気になります。こういう時は、逆方向に強い打球を打つ意識でいくといいのかなあとも思いますが……ちょっと心配です。

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ