ゴジラ猛打賞もエンゼルスは大敗で3連敗

ゴジラ猛打賞もエンゼルスは大敗で3連敗

レイズとの3連戦第2戦は、昨日同様先発サンタナが序盤で打ち込まれる苦しい展開。

10安打放った打線もつながらず、エンゼルスは3連敗。借金は3に膨れあがりました。

松井秀喜選手は、5打数3安打1打点と猛打賞の活躍でした。

8月24日(日本時間25日) レイズ 10-3 エンゼルス

第1打席 中二(打点1)
2回無死二塁 インコースのストレートで身体を起こして1ボールからの2球目、外よりやや甘く入ってきたストレートを綺麗に捕らえ、センター頭上を越えるエンタイトルツーベースヒット。
→松井秀喜 エンタイトルタイムリーツーベース動画

第2打席 右安
4回無死ランナー無し 1ストライク1ボールから、真ん中に入ってきたカーブを引っ張り、ライナーで運ぶライト前ヒット。

第3打席 中安
6回無死ランナー無し 1ストライクからの2球目、外角のチェンジアップを上手くバットの先でコントロールし、ピッチャー足元を抜けていくセンター前ヒット。

第4打席 二ゴロ
8回無死ランナー無し 1ボールからの2球目、インコースのスライダーにやや詰まってのセカンドゴロ。

第5打席 三振
9回一死満塁 ファールで粘って2ストライク2ボールからの8球目、内角厳しいコースに食い込むカットボールに空振りの三振。

  +   +   +   +   +   +   +   +   +   +   +

ここのところ安定したピッチングを見せていたサンタナが打ち込まれた時点で、勝負あったのかもしれません。

ただ、それにしても打線のつながりの悪さは相変わらず。今日の試合の得点圏でのチーム成績は何と14打数1安打。これでは勝てるわけもないですね……


松井選手は好調を維持する3打席連続安打を見せてくれましたが、勝利には結びつかず。こうなってくると、もう松井選手の打席くらいしか楽しみが無くなってきてしまいますが……

ただ、このまま負け続けると、9月になってロースター枠が拡大した時に、若手中心の起用になることが予想され、ますます松井選手の出番が無くなる事態が予想されます。

厳しすぎる状況に感覚が麻痺しそうですが、選手にはあきらめることだけはしないで欲しいですね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、適時二塁打含む3安打もエ軍3連敗
松井秀、3安打も勝利につながらず
松井秀、恩師に並ぶ2471安打
松井9試合連続安打 夏男の本領発揮、来季契約へ弾み

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (2)

まさに孤軍奮闘…ですよね(@_@)
エンジェルスも松井選手に対しどういう決断をするのか、
見物ですけど。
日系企業の広告やスポンサー15社、さらにグリコも
加わりましたよね。
どうするんでしょうか。
キリンの新CМも流れてました。
松井選手を球団が商品と見てるならば、来季契約しない
っていうのも惜しいなぁ〜。
(スポンサーが減ることも考えられますが)
松井選手に目標にして欲しいのはチーム2冠王
だと思います。ナポリの20本塁打まで4本塁打。
ハンターの70打点まで4打点。
射程圏内なので狙えますよね。

投稿者:ゆうちゃん |2010年8月25日 23:23

>ゆうちゃんさん

来期のことはどうなるかさっぱりわかりませんが、
企業広告がたくさん入っているので、今期はこのままな感じがしますね。
もちろん、実際どうなるかは不明ですが……

うん、そうですね。松井選手にはいずれにしてもガンガン打ってもらわなければ。
最近は少しミート中心のバッティングになってる気もします。
松井選手自身もとにかく打つしかないと言ってますし、
チームのためはもちろん、自身のためにも成績を上げていくしかないですね。

投稿者:管理人 |2010年8月26日 06:04

コメントを投稿する