ゴジラ2試合連続弾で追い上げるも、エンゼルス3位転落

ゴジラ2試合連続弾で追い上げるも、エンゼルス3位転落

レッドソックスとの3連戦第1戦、ソーンダースとのトレードで加入したヘイレンが早速先発。まずまずのピッチングを見せるも、5回に右肘に打球を受けるアクシデントで途中降板。

エンゼルスは終盤にリリーフ陣が立て続けに失点し、松井秀喜選手の14号2ランで追い上げるも届かず、勝率の差で3位に転落しました。

松井秀喜選手は、3打数2安打1本塁打1四球2打点でした。

7月26日(日本時間27日) レッドソックス 6-3 エンゼルス

第1打席 四球
2回無死ランナー無し フルカウントから、外角低め一杯のストレートを見逃して判定はボールでフォアボール。

第2打席 左安
3回二死一塁 2ストライク2ボールから、やや中に入ってきたスライダーにタイミングを微調整して、レフトへ流し打つライナーのヒット。

第3打席 右直
6回一死ランナー無し 2ストライク1ボールから、高めに入ってきたカーブをしっかり捕らえるもライト正面の当たり。

第4打席 右本(打点2)
8回二死一塁 フルカウントからの7球目、インコース寄りに入ってきたスライダーを上手くボールの上から叩いて、ライトスタンドギリギリの2ランホームラン。観客が手を伸ばしていたためビデオ判定となるも、判定はそのままホームラン!
→松井秀喜 14号2ラン ホームラン動画

  +   +   +   +   +   +   +   +   +   +   +

ヘイレンがいきなり先発しました。いい部分、悪い部分、両方が垣間見えるような投球でしたが、今後に期待が持てるピッチングと言って良さそうですね。

ただ、打球を右肘に受けて降板ということで、かなり心配です。移籍していきなり怪我で離脱とか、シャレになってないですが……

今日はリリーフ陣が崩れてしまったのが痛かったですが、やっぱり打線の元気のなさはいかんともしがたいですね。2回の無死満塁で無得点に終わったことで、レッドソックス先発のバックホルツを調子づかせてしまいました。

1点差の9回に、メジャーデビューのコーンを登板させたのもどうなんでしょうね。さすがに荷が重すぎたのでは?

他に気になったのは、ハンターの守備力が結構落ちてきてる感じがすること。今シーズン、球際に弱いことが目立ってる気がしますが、2回ベルトレの大飛球をグラブに当てながら落としてしまうプレイがありました。いつものハンターなら取ってる打球だと思うんですよね。この回1失点してしまっただけに、惜しいプレイでした。

これで、レンジャーズとのゲーム差は7.5。勝率の差で3位転落。いやはや……orz


唯一の好材料は、松井選手の調子が上がってきたことでしょう!

今日は全打席内容も良かったと思います。今後の活躍も望めるんじゃないかな?  時既に遅しの感も否めないですが、“暑い”夏を期待したいですね。

【松井秀喜関連ニュース】
松井、夏男全開!!今季2度目の2戦連発14号2ラン
【ゴジラトーク】状態は上がってきている

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (2)

松井選手、ようやく来ましたね。
3戦連発、期待持てます!
チームはorz貧打〜

投稿者:ゆうちゃん |2010年7月27日 21:58

>ゆうちゃんさん

松井選手、ようやくという感じですね。
3戦連発期待できるかも。
ただ、チームが勝てないので、モチベーションは少々低下中です・・・

投稿者:管理人 |2010年7月28日 00:12

コメントを投稿する