ゴジラ1四球ノーヒット チームも連敗

ゴジラ1四球ノーヒット チームも連敗

8月13日(日本時間14日) レンジャーズ 7-1 アスレチックス

松井秀喜 今日の結果 3打数0安打1四球

第1打席 二飛
1回一死三塁 2ストライクと追い込まれて、2球ボール、2球ファールからの7球目、インコース低めのストレートを打ち上げてセカンドへのポップフライ。

第2打席 三振
4回一死ランナーなし フルカウントから、真ん中のスライダーにタイミングが合わず空振り三振。

第3打席 左飛
7回無死ランナーなし 初球、外角のストレートを打ち上げてレフトへの平凡なフライ。

第4打席 四球
9回無死ランナーなし 3ボール1ストライクからフォアボール。


アスレチックス、レンジャーズには勝てないなあ……これでレンジャーズ戦7連敗。今日の試合は、初回無死三塁で無得点に終わったことが響きましたね。松井選手も打点を挙げる絶好のチャンスだったんですが……

今日の打席を見る限りですが、絶好調時と比べてフォームが若干変わったような印象を受けてしまったけどどうなんだろう。結構甘い球もありましたが打ち損じが目立ってましたね。


そして、松井選手がウェーバーにかけられていたという報道がいくつか。ウェーバーのルールをあまり詳しく知らないので(^^;)ちょこっと知識補充してきました。

7月31日までは自由にトレードができますが、それ以降トレードをする場合は、ウェーバー(ドラフトのようなもの)にかけて獲得意志球団が現れるかどうか待つ必要があります。3日間のウェーバー期間が過ぎると、自由なトレード交渉が可能になります。

報道によると、ウェーバー期間中に獲得意志を示した球団はなかったとのこと。そのため、今後は自由にトレード交渉ができることになります。

今回は関係ないですが、もしウェーバーに手を挙げた球団がいた場合、アスレチックスは、1.なかったことにする 2.トレードする 3.契約ごと譲渡する の3つの方法があるようです。


はてさて、はたして松井選手がトレードに出されるのかどうか非常に気になるところですが、松井選手の調子次第かもしれませんね。松井選手の調子の波が大きすぎるのが、獲得する側としてはどうしても気になってくると思います。

4安打の試合があったとはいえ、最近5試合も4試合ノーヒットですし。いい状態を持続できるかどうかが大きな鍵になりそう。

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ