エンゼルス痛すぎる連敗

エンゼルス痛すぎる連敗

レンジャーズとの首位攻防直接対決4連戦第2戦、松井秀喜選手はスタメンから外れ、最後まで出番はありませんでした。

試合の方は、ソーンダースとウィルソンの投げ合いに。初回、ソーンダースはヤングに先制弾を浴びるも、以後は粘りのピッチングで7回1失点の好投。

しかし、打線がウィルソンを打ち崩せず、4安打に終わる完封負け。エンゼルスはあまりに痛すぎる連敗です。


7月23日(日本時間24日) エンゼルス 0-1 レンジャーズ

終戦の足音が聞こえてくる敗戦となってしまいました。

1点差負けで僅差勝負のようにも見えますが、内容的には0-5で負けたような敗北感。

打線の差がそのまま結果にも反映された、厳しい黒星になってしまいました。

とはいえまだ7月。あきらめるには早すぎますし、レンジャーズ戦もまだまだ残されてます。エンゼルスナインは意地を見せて欲しい。まずは明日!

【松井秀喜関連ニュース】
松井秀、5試合ぶり欠場「休みをプラスに」
もどかしい連敗 松井、出番なし 首位レンジャーズと7ゲーム差に

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ

コメント (2)

とりあえず3連敗でストップして安心しましたが…。
勝ちはしましたけど、またミスがありましたね。
松井選手も3度の得点圏で全て凡退で打点なし。
2戦連発で勘違いしてしまったんでしょうか?
2戦連続ホームランでも調子良いとは思ってませんからね
周りは。
明日、スタメン落ちでも文句はないです、この内容では。

投稿者:ゆうちゃん |2010年7月25日 12:59

>ゆうちゃんさん

松井選手はどうなんでしょう。
上がってくる気配はあっても、今日みたいな内容では厳しいですね。
エンゼルスは勝って嬉しいんですが、一方でガックリ来ている自分もいます。
何とか本来のバッティングを取り戻してもらいたいです。

投稿者:管理人 |2010年7月25日 16:48

コメントを投稿する