松井秀喜 16戦振りマルチ、19戦振りタイムリー

松井秀喜 16戦振りマルチ、19戦振りタイムリー

前日スタメン落ちの松井秀喜選手は7番DHで出場、久々のマルチヒットとタイムリーを放ちました。

また、ゴロの守備練習も再開したとのことです。

第1打席、ガードナーが二盗、三盗を決めて、1死三塁で見逃し三振に倒れた時は、一昨日の試合からさらに奈落の底へと落ちていくのかと思いましたが、次の打席で、外角の球を流し打って三塁手のグラブを弾く内野安打を打てたのは、上昇の兆しかもしれません。今まで、こういう当たりはほとんどなかったんですよね。

第3打席では、変化球に体勢を崩されながらも上手くミートして、フェンス直撃のタイムリー二塁打。フェンス直撃のツーベースというと、何年だったか忘れてしまいましたが、今年と同様、前半戦不調に喘ぐ中、フェンス直撃の当たりを放って上昇のきっかけを掴んだというのがありましたね。この試合もそんなきっかけになればいいなと思います。

守備練習も再開したとのことで、これからいい方向に向かっていってほしいですね。

にほんブログ村 MLB・メジャーリーグ

タグ