2010年7月の記事一覧

エンゼルス意地の逆転勝ちで連敗脱出

レンジャーズとの3連戦第1戦、エンゼルスは先発サンタナが崩れ2回表で5点をリードされる厳しい展開も、2回裏にリベラの3ランとアイバーのソロで4点を返し、7-4と3点差を付けられた4回裏にも一挙4点を挙げて逆転。

5回以降はレンジャーズ打線を無得点に抑えて勝利、連敗を4でストップしました。

松井秀喜選手は4打数1安打でした。

カテゴリー:今日の松井秀喜

エンゼルス4連敗で貯金ゼロ

レッドソックスとの3連戦第3戦、先発予定のピネイロが左脇腹痛で急遽シールズが先発。以降、ロドリゲス、トンプソン、ロドニー、コーンと継投で頑張るも、3-3の同点で迎えた8回、4番手ロドニーが痛恨の満塁弾を浴びて、ジ・エンド。

エンゼルスは4連敗で貯金ゼロ。今期のレッドソックス戦は勝ち星なしの7連敗となりました。

5番レフトで先発出場した松井秀喜選手は、1四球選ぶも2打数ノーヒットでした。

カテゴリー:今日の松井秀喜

エンゼルス元気なく3連敗 ゴジラもノーヒット

レッドソックスとの3連戦第2戦は、元エンゼルス・ラッキーと、ウィーバーの投げ合いに。

エンゼルスは3回にアブレイユのタイムリー二塁打で先制。しかし、7回ここまで好投のウィーバーが痛恨の2点タイムリー二塁打を浴びて逆転、以降リリーフ陣も小刻みに得点され、エンゼルスは3連敗。首位とのゲーム差は8.5に広がりました。

松井秀喜選手は、1四球選ぶも3打数ノーヒットでした。

カテゴリー:今日の松井秀喜

ゴジラ2試合連続弾で追い上げるも、エンゼルス3位転落

レッドソックスとの3連戦第1戦、ソーンダースとのトレードで加入したヘイレンが早速先発。まずまずのピッチングを見せるも、5回に右肘に打球を受けるアクシデントで途中降板。

エンゼルスは終盤にリリーフ陣が立て続けに失点し、松井秀喜選手の14号2ランで追い上げるも届かず、勝率の差で3位に転落しました。

松井秀喜選手は、3打数2安打1本塁打1四球2打点でした。

カテゴリー:今日の松井秀喜

松井秀喜追撃の2ランも実らず、首位決戦負け越し

レンジャーズとの首位攻防直接対決4連戦第4戦は、エンゼルス先発ベルが4回途中で降板。以降のリリーフ陣も小刻みに得点を許し、6-1とリードされる苦しい展開。

7回に松井秀喜選手の2ランホームランでレンジャーズ先発ハンターを引きずり下ろし、9回にも1点を奪うも反撃もそこまで。エンゼルスは首位決戦4連戦を1勝3敗と負け越し、レンジャーズとのゲーム差は再び7に広がりました。

松井秀喜選手は、4打数2安打1本塁打2打点でした。

カテゴリー:今日の松井秀喜

ゴジラチャンスに凡退も・・・エンゼルス連敗ストップ

レンジャーズとの首位攻防直接対決4連戦第3戦は、5回にエンゼルスがマシスのホームランと、アイバーの三塁打で2点を先制。

以降も得点を重ね、13安打で6得点をあげると、先発サンタナが8回2失点の好投。エンゼルスがようやく白星をあげて連敗をストップしました。

松井秀喜選手は3度のチャンスに凡退、5打数1安打でした。

カテゴリー:今日の松井秀喜

エンゼルス痛すぎる連敗

レンジャーズとの首位攻防直接対決4連戦第2戦、松井秀喜選手はスタメンから外れ、最後まで出番はありませんでした。

試合の方は、ソーンダースとウィルソンの投げ合いに。初回、ソーンダースはヤングに先制弾を浴びるも、以後は粘りのピッチングで7回1失点の好投。

しかし、打線がウィルソンを打ち崩せず、4安打に終わる完封負け。エンゼルスはあまりに痛すぎる連敗です。

カテゴリー:松井秀喜ニュース

エンゼルス直接対決第1戦を落とす

レンジャーズとの首位攻防直接対決4連戦第1戦は、ウィーバーとリーのエース対決。1点を巡る接戦になるも、エンゼルス打線はリーを最後まで打ち崩せず惜敗、大事な初戦を落としました。

松井秀喜選手は二塁打を放ち、3打数1安打でした。

カテゴリー:今日の松井秀喜

ゴジラ今季初2試合連続ホームラン

ヤンキースタジアムでのヤンキース2連戦第2戦は、先発ピネイロが序盤で6点を許す苦しい展開。しかし、中盤にフランドセンのタイムリー、ウィルソンの2ラン、ゴジラの2ランで1点差まで追いすがるエンゼルス。

が、それも束の間、2番手シールズが崩れて、両チーム15安打ずつ打ち合った乱戦はヤンキースが物にしました。

松井秀喜選手は、今季初の2試合連続となる本塁打をライトスタンドに叩き込み、5打数1安打2打点でした。

カテゴリー:今日の松井秀喜

松井秀喜久々の一発 エンゼルス快勝

ヤンキースタジアムでのヤンキース2連戦第1戦、エンジェルスはカズミアDLで急遽先発に上がったサリバンが初回に2点を先制されるも、以降は立ち直り6回を2失点の好投。

打線も既に11勝を挙げているヒューズ相手に6回途中でKOするなど爆発、2ケタ得点を挙げて快勝しました。

松井秀喜選手は、6月27日(日本時間)以来となるホームランを放ち、4打数1安打2打点1四球でした。

カテゴリー:今日の松井秀喜


1  2  3